■修学旅行を放射能・地震の心配が少ない地域へ

Photos : Go Sunaga

concept

data

デザイン

須永豪・サバイバルデザイン

須永豪

サイズ

A4 297×210mm

デザイン

2013年7月

頒布

2013年7月〜


「東京はわざわざ修学旅行に選ぶところじゃない」
東日本大震災でプレートの一端が大きく外れ、
いよいよ次の関東大震災が秒読みに入りました。

異例の300年間沈黙中の富士山。
こちらも『すぐ噴火する』可能性があります。

放射能でもチェルノブイリの強制移住区域並みに汚染され、
関東を離れる移住者も増えています。

そんなときに、なぜ、修学旅行で東京へ?

このまま慣例通りを続けていれば、
いつかどこかの修学旅行生が、東京の大震災に巻き込まれ被災する確率は、
100%。
関東の大震災は、すでに『想定内』です。


教育委員会を通じて松本市内すべての校長へ配布された
「いま東京がいかに危ないか」が一目で分かる資料を、
どなたにもお使いいただけるようにしました。

同じ危機感をお持ちの方々に、自由にお役立ていただき、
児童の修学旅行中の被災が、1校でも2校でも減ってくれたら、と願います。


※これは須永豪・サバイバルデザインがつくった資料で、
無料で配布しています。
内容等はすべて自己責任で、使い道は修学旅行に限らず、ご自由にお使いください。
内容の改変もご自由にどうぞ。
著作権は放棄しませんので、再配布やネット上での公開は禁止です。

印刷用PDF版(無料)のお申し込みは
『件名:修学旅行資料希望』『お名前』『メールアドレス』『ご住所(○○県××市まで)』
をお書き添えの上↓へ、お申し込みください。
E-mail : sd@sunaga.org
(配布は予告なく終了することがありますので、必要なかたはどうぞお早めに)