中央線長屋ガーデン

concept

data

設計

survival design 須永 豪

設計期間

2003年2月

主要用途

集合住宅 (10戸)

敷地条件

第一種住居地域
準防火地域
東京都第2種高度地区

道路幅員

5.0m

構造・工法

鉄筋コンクリート造

規模

地上2階

敷地面積

310.15m2 (93.81坪)

建築面積

182.94m2 (55.33坪)

1F床面積

134.89m2 (40.80坪)

2F床面積

156.46m2 (47.32坪)

延床面積

291.35m2 (88.13坪)

typeA1

23.94m2 (7.24坪) 2戸

typeA2

31.39m2 (9.47坪) 2戸

typeB1

23.94m2 (7.24坪) 2戸

typeB2

31.39m2 (9.47坪) 2戸

typeC

40.75m2 (12.32坪) 1戸

typeD

31.39m2 (9.47坪) 1戸

予算

9,000万円

工事費

1,065万円 (1坪1万円/月)

利回り

12%

集合住宅、いわゆるマンションの場合、上の階ほど気持ちがよく、防犯的にも安心感がある。
結果に、1階住戸は入居がなかなか決まらなく、賃料を下げざる得ないという事がある。
このプロジェクトは、2階よりも1階のほうが気持ちがいい賃貸集合住宅の提案。
住戸を互い違いにズラし、発生する隙間を庭として活用する。
すべての住戸が角部屋となり、日当り・風通しが良くなる。
コインロッカーのような集合住宅では得られなかった、イッコダテに近い独立性が得られる。
庭は2住戸に1つ。庭はコミュニティになり、住人同士に出会いの機会が生まれる事もあるだろう。
中央線沿線のデザイナーズ物件であれば、様々な分野のクリエイターの入居もきっと多い。
付かず離れずの、住人同士の良い関係が生まれる事を期待して、
現代的 『長屋』の提案。