森に浮かぶ家

Photos : Takahiro Wada
(9,10) : Go Sunaga

concept

data

設計

survival design 須永豪
+ Tanaka Naomi Atelier

設計期間

2003年7月〜12月

所在地

東京都

主要用途

専用住宅

家族構成

夫婦・子供2人

敷地条件

第一種低層住居専用地域
第一種高度地区
防火指定なし
絶対高さ10m

道路幅員

5.0m

構造・工法

木造軸組工法

基礎

ベタ基礎

規模

地上2階

敷地面積

109.10m2 (33.00坪)

建築面積

41.27m2 (12.48坪)
37.82% (許容40%)

1F床面積

29.84m2 (12.48坪)

2F床面積

41.27m2 (12.48坪)

延床面積

71.11m2 (21.51坪)
65.17% (許容80%)

施工床面積

84.19m2 (25.46坪)

総工費 (外構工事等も含む)

1,800万円 (70万円/坪)

■ 森・・・環境を自分でつくる
武蔵野の緑豊かな遊歩道と、平均的な住宅街に挟まれた建蔽率40%の敷地。敷地の半分以上の空き地をどう残すか、建物の配置計画がカギとなった。建物を緑道いっぱいに寄せて住宅街との間に空地をとり、そこに4本の木を植えることで、この敷地は住宅街から切り離され木々に囲まれた『森』になった。

■ 浮かぶ・・・距離感を調整する
階段をあがり2階の床ハッチを閉めると、家族の場は地面から完全に縁が切られ森に浮かび上がる。樹木や枝葉に触れられるハックルベリーフィンの木の上の小屋のように、街からも地面からも浮かび上がった家族だけの空間。仕事を持つ夫婦と学校・保育園に通う子供達、家族が家にそろう時間を密に過ごすために、安心できる距離感をつくろうと考えた。

建物は1階を2階よりひと回り小さくしている。グルリと一周ないだけで1階の床面積は約半分になり、基礎がらみのコストを減らせた。平面計画では、通過するだけの空間がない、場を連続させるコンパクトなプランにした。建物内部のMDFの壁は、仕上げ材であり耐力を期待した予備の構造材でもある。

今回の計画では、恵まれた環境をいただくだけでなく、自らも環境に寄与する関係をつくりたいと考えた。この周辺は緑道と住宅街とがたった一枚の塀で唐突に仕切られていて、緑道に隣接していないひとつ隣りの敷地では、こんなにも豊かな木々と10mほどの距離に居ながらその恩恵とはまったく無縁である。建物を緑でサンドイッチするこのような配置がこの周辺で連続していけば、緑の恩恵を伝播させられるのではないかと、少しだけ期待もしている。

concept

新建築住宅特集 2004年12月号 (新建築社)・・・作品の紹介
建築知識 2005年8月号 (エクスナレッジ)・・・床ハッチのディテール解説
LiVES 2005年8/9月号 VOL.22 (第一プログレス)・・・オープンエア特集
建築おじゃまします・・・中原洋さんによる解説

concept

Daily 2005.01.31・・・半年ぶりにおじゃまして
Daily 2004.12.27・・・「借りたら返す」の借景
Daily 2004.11.10・・・図面の向き
Daily 2004.10.07・・・和田さんの写真
Daily 2004.07.15・・・近くの神様
Daily 2004.07.06・・・写真家・和田高広さん
Daily 2004.06.26・・・『現場』が『お宅』に
Daily 2004.05.20・・・塗っちゃいけないところを、塗っちゃってる・・・・
Daily 2004.02.19・・・上棟
Daily 2003.10.23・・・ヘンに媚びないこと
Daily 2003.10.13・・・構造図、黙々
Daily 2003.09.20・・・あーでもない、こーでもないの実施設計図
Daily 2003.09.07・・・基本設計 完了
Daily 2003.08.15・・・判断の妙
Daily 2003.08.04・・・2案
Daily 2003.07.21・・・最初のプラン