住宅作家になるためのノート

Photos : Go Sunaga

concept

data

著者

須永豪・泉幸甫・安井正・吉原健一

単行本

279ページ

出版社

彰国社
建築文化シナジー第15弾

発売日

2008年10月31日

執筆期間

2005年12月〜2008年6月

価格

2500円(税込)

ISBN-10

4395240089

ISBN-13

978-4395240081

寸法

21 x 14.8 x 2.2 cm

住宅設計のカギとなる30項目をピックアップ。
古今東西の名住宅を写真と図版で紹介しながら、
その住宅に秘められた考え方を読み解き、
「これからのいい住宅とは?」と未来への可能性を考える。
住宅を設計する際の発想の手掛かりに、
また暮らしに関心の高い一般のかたにも読んでいただける内容です。
(amazonでの紹介はこちら)

■目次

はじめに
30のテーマ 関連図
01 独立したての頃
02 敷地を読む
03 住み手のつぶやき
 コラム 好きな気になる あいうえお
04 テーマとコンセプト
05 建物の置き方 ●
06 車の置き場 ●
07 ヒエラルキーを考えた動線
08 集まりやすい場所、一人になる場所
09 内と外を織り込む
10 シーケンスの演出
 コラム 歴史を知る
11 鼻歌まじりの家事 ●
12 日々の食事 ●
13 入浴のひと時 ●
14 よりよく眠る
15 架構の構想
 コラム 防災と住居 ●
16 素材の選択
17 部品との付き合い方
18 仕切りの多様性
19 開口部のデザイン
20 ものの行き場 ●
21 ディテールと表現
22 温熱環境
23 設備の扱い ●
 コラム 設備に潜在する問題 ●
24 場をつくる明かり
25 街並みとの関係
26 リフォーム、再生 ●
27 つくり込む、つくり込まない
28 誰とつくるか
29 家づくりは祝祭
 コラム 建築を志す貴女へ
30 建築家として生きるには
あとがき
おまけに ●
 (●印は須永が担当した章)


住宅設計は楽しい、
でも住宅設計で生きることは難しい。
そのような引き裂かれた状態が住宅作家を目指す人にはつきものです。
この引き裂かれた状態に対し答えるべく、住宅作家としてどうにか歩み始めることができた若い建築家と、それなりの経験を積んだ建築家がこの本を書きました。
(「はじめに」より)


そして、住宅作家としてどうにか歩み始めることができた若い建築家は、刷り上がった本を手にしてみて思い立ち、「はじめに」「あとがき」に続く「おまけに」を書きました。ですので「おまけに」は、この本には収録されていません。
須永豪からご購入いただきました場合の購入特典としてお付けしています。
お申し込みはこちら→sd@sunaga.org
価格:2500円(メール便送料無料)


concept

Daily 2008.10.07・・・ようやく陽の目を
Daily 2008.02.12・・・現代のデザインに想う
Daily 2006.12.30・・・いずれ独立するなら
Daily 2006.12.05・・・現代住宅というのは
Daily 2006.09.28・・・本を書くために、本を買い、 本を書くために、本から学ぶ
Daily 2006.08.28・・・編集者のシゴト
Daily 2006.07.24・・・頼まれてもいない原稿を
Daily 2006.06.20・・・書きはじめて、かれこれ半年
Daily 2006.03.06・・・じつは半年で書き上げる気でいた
Daily 2006.01.11・・・最初の宿題

番外:若者へ贈る
Daily 2006.04.15・・・コンプレックス
Daily 2008.05.04・・・おいデザイン屋
Daily 2005.02.02・・・何で建築をやっているのか?
Daily 2004.10.02・・・その差は、どんどん開いていく
Daily 2009.01.01・・・考え中
Daily 2008.05.04・・・才能なんてものは
Daily 2007.08.16・・・何者でもない若者たち
Daily 2005.01.11・・・挫折こそが宝
Daily 2009.03.19・・・作品よ「飛べ、飛べ」と願う
Daily 2004.12.13・・・天使と悪魔のはなし