FEVER ! -PACHINCO DESIGN COMPETITION-

concept

data

設計

survival design 須永 豪
芦澤任友基デザインオフィス

■ 面積表

敷地面積

32,250m2

建築面積

3,200m2
┣ パチンコ店 2,500m2
┗ 店舗 700m2

延床面積

5,400m2
┣ パチンコ店 3,800m2
┣ 店舗 (MAX) 1,400m2
┗ 共用部 200m2

建ぺい率

10%

容積率

16%

1F床面積

3,200m2
┣ パチンコ店 パチンコホール
┃       2,100m2
┣ 事務管理諸室 200m2
┣ 店舗 売場 500m2
┣ アーケード 200m2
┗ 共用部 ホワイエ 200m2

2F床面積

2,200m2
┣ パチンコ店 スロットホール
┃       1,300m2
┣ 事務管理諸室 200m2
┗ 店舗 売場 700m2

■ 仕上げ表

□ 外部

 

屋根 パチンコ店

 

金属屋根の上杉板乱張り葺

店舗

硝子屋根 (ペア硝子葺)

外壁 パチンコ店

 

RC下地の上、木乱張+土塗り

店舗

硝子壁 (ペア硝子)

テラス、外階段

 

RC下地の上、土塗り
+タイル張

□ 内部

 

パチンコホール床

 

石張り+杉板張り

土塗り+杉板張り

天井

杉板張り
一部小屋組み現し

店舗床

モルタル金ゴテ押

壁、天井

硝子

ホワイエ床

土塗り+石張り

土塗り+杉板張り目透かし

天井

杉板乱張り目透かし

家族みんなで出かけられるハッピーな場だといい
やわらかに陽の降りそそぐ広場があって
バドミントンをする子供がいて
木陰のベンチでは本を読むひとがいて
部活帰りの高校生はアイスクリームを食べていて
犬の散歩ができて
夏には広場に水を張って子供がバシャバシャやってくれたらいい

パチンコももっと心地よくやれたらいいのに
ゆったりと自分の世界に浸って
手元にはコーヒーと文庫本をおいて、時々窓から広場を眺めたりして

みんなが集まってくる幸せな街になるといいな
素朴で居心地のよい場をつくりたいと思いました。
たとえば、旅先で出逢った古い街並みが、不思議なあたたかさで迎えてくれた、そんな記憶ありませんか。
ながいながい時の流れのなか、ひとをおだやかにつつむ空間は、残されてきたのでしょう。

私たちの提案は、居心地のいいパチンコ屋さんをつくるための、『パタン』です。

■ 小屋の街
小屋は集落のように立ちならんで、どのたてものも少しずつズレた配置にしています。
すこし、いきいきした感じがしませんか。
たとえば幼稚園の朝礼のような、うまく整列ができない、うれしくてどうにもじっとしていられない、そんなかんじです。

■ 森の駐車場
木立と芝生に埋もれて、いつもで季節をかんじられる駐車場にしました。黄色い落ち葉が、歩くたびにサクサクと、小気味のよい音をたてます。

■ 色とりどりの小屋
小さなパチンコ空間があつまって、大きなパチンコの街をつくります。それぞれのカラーが、街を魅力的にしていきます。

■ ガラスの小屋
たてものの顔をつくるのは、それぞれのお店の個性です。いろんな個性があつまって、ゆたかな広場がうまれます。