[講座]
家族の関係が “自然に良くなる” 間取りのつくりかた

R0012958_pt2
里山とクラフトの街、長野県松本市にて開催です。

実際に、
『家族の関係が “自然に良くなる” 間取り』というのは、あります。

その間取りづくりのカギは、
じつはたった3つの質問に集約されます。
【その壱】
『どの部屋と、どの部屋が繋がってて(出入りできるようなってて)ほしい?』

【その弐】
『どうしても1階に欲しい部屋は?どうしても2階がいい部屋は?』

【その参】
『コレを実現できなければ家を建てる意味がない!という最も大切な1つってなに?』

つまるところ、このたった3つ。

今回の講座では、3つのポイントのうち、最も間取りに直結している
【その壱】
『どの部屋と、どの部屋が繋がってて(出入りできるようなってて)ほしい?』

この実際の例を見ながら解説していきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

【なぜ、間取りが大事なのか?】

ある住宅専門誌による、注文住宅を建てた経験者(言わば家づくりの先輩)への調査で、
「じつは家づくりで失敗しました」という人が、
なんと55%にものぼることがわかりました。

そのなかで
一番多かったのが「間取りの失敗」。これがじつに半数以上。

「素材で失敗」とか「設備機器で失敗」なら、あとからリフォームで直せるけど、
「間取りで失敗」だと、残念ですが、もうどうにもなりません。

この先数十年とか、人生を終えるときまで暮らし続けるための家なら、
間取りは本当に大事ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

【家を建てるときって、みんな初心者】

では、
「さて、家を…」と思った時に、誰を頼りましょう?

たとえば、
住宅会社の営業さんは、一生に一度の大きな買い物を、安心して進めていけるように、感じ良くサポートしてくれるし、
工務店の担当者さんなら、見積をその場ではじきながら、一般的で堅実、現実的な家にまとめてくれるし、
身近な大工さんに直接頼めば、少し安くやってくれる。

みんな、依頼・相談を受けてくれる、それぞれの道のスペシャリスト。

でも彼らは『設計の専門』ではないから、
あなたの内面や潜在した求めの引き出し方は、おそらく知らないです。

もしこういった方々に依頼するのなら、
「私は、こういう家を、欲っしてる」とハッキリ伝えることで、
彼らとのいい家づくりになってきます。

そのためにはあなたが自分自身で『こういう家』ってどんな家なのか、
『言葉』や『図』で伝えられることが大事ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

【この講座でやることは?】

家づくりの業者の中で、
私、須永は設計の専門家です。

なので、営業さんのような感じの良いトークとか、
工務店さんのように工事価格がパッと出せるとか、
大工さんのようにその場で棚が付けられるとか、
それは残念ながらできません。

でもその代わりに日頃から、
『こういう家』を言葉や図にするのは得意です。

初めてお会いする家族の
「こんなふうに暮らしたい、こんなふうに生きたい」という
まだ言葉にもなっていない心の奥底に潜在している求めを紐解いて、

それを『言葉』や『図』にして、最後には『形』にするのは、誰よりも得意です。

そういう経験の中で掴んだ最も大切な3つのポイントのなかから、

『部屋と部屋の繋げかた』ついて、今まで誰にも見せなかった手の内を、
この講座でまるまる明らかにします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

【…この講座は、こんなかたに役立つ内容です】

□ たぶん、いずれは家を持つと思うけど、まだ何も始めてない

□ 上の子が保育園に行き始めたので、
小学校に上がる前に定住場所を固めたい

□ 今ちょうど住宅会社と打合せ中で、まだ工事は始まっていない
(間取りの変更が、まだ間に合う)

□ 意識してなかった潜在的なところで、どんな人生の器を求めてるのか
ちゃんと明らかにしたい

住処(すみか)づくりの建築家:須永 豪(すながごう)

=============================
日程/2016年4月29日(金祝)
開始/13:30~終了15:00 (定刻にスタートします)
受講料/3,000円(1家族あたり)
定員/先着順 限定10名
(お子さんもご一緒にどうぞ。すぐ隣は公園です)
持ち物/特になし(必要なかたは筆記用具程度)
=============================

【申込み(問合せ)は】
須永豪へメールか電話で sd@sunaga.org 090-1836-1049
↓以下の4項目をお書き添えください。
(1)件名:『講座○月○日の申込み』
(2)お名前:(参加者全員分)
(3)電話番号:(悪天候等で当日に急遽中止となる場合に連絡可能な番号)
(4)参加人数(大人○名、子ども○名)
※お席をご用意する関係上、お申込後のキャンセルはご遠慮願います。
※住宅関連のお仕事をされてるかたはご遠慮ください

【場所】
カフェ憩の森 松本市城山11-17 TEL 0263-38-7660
http://www.cafeikoinomori.com/
駐車場/無料・城山公園駐車場を利用(カフェ憩の森 駐車場はご遠慮ください)
講座中の喫茶のオーダーはご自由に。(各自清算)
メニュー→http://www.cafeikoinomori.com/?p=86

【その日の午前を、有効に活用するなら!】
同日午前には、トークライブ『家は3回建てないと、なの?心配ないです、大丈夫!』を開催。
併せてのご参加も。
詳しくはこちら→http://sunaga.org/kouza_live/

【講座は6回シリーズ】

P1080988sikaku

住宅業者はプロです。一方、始めて家を買うかたは丸っきり初心者。
この差は歴然です。だから、どんなに良心的な業者を選んでも、
どうしたって住宅業者のペースに合わせて進んじゃうのが住宅購入。

そのため「失敗しないために防御する」ような住宅購入勉強法がたくさんあります。

でもね、じつはそれをすればするほど、心は不信感でどんどん占領されていくんです。
心がダークサイドじゃ、全然楽しくない家づくりになってしまいます。

家づくりの打合せって「間取りは?」「素材は?」「機器は?」「色は?」
って、話しがポンポン進んでいくので、ペースに着いていくだけでも忙しい。

(初めての大プロジェクトなのに、自分のペースに合わせてもらえないなんて、ヘンですね)

今、色んなご家族との家づくりをしてきて、思うのは、
疑心暗鬼になる勉強なんかよりも、

「本当に本当に大切な、私たち家族の幸せはコレです」って
業者へしっかり伝えられたら、本当はその方が100倍有効だってこと。

だから、今、(まだ時期が…なんて思ってないで)
早めに、まっさらなうちに、考えておきませんか?

「ウチの家族の幸せって、何だろう?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・
家を買うっていうのは、
あまりに漠然とした大プロジェクト。

その大っきな相手を、6つの具体的なテーマに分けちゃいましょう。
それを各回90分に凝縮。
6テーマ×各回90分で、大切なポイントがギュッと絞って学べます。

『間取り』『耐震性』『お金』『健康住宅』『木の家』『デザイン』『耐震性』の全6回。
逃した回があっても、ちゃんとビデオ受講ができます。

参加費は、各回ごとの清算。好きな回だけでも参加できます。

【ご覧になったかたからの感想】
一足先に前回開催の講座をご覧になったかたが感想を寄せてくれました。
ご本人の了解のもと、紹介させていただきます。
http://sunaga.org/2015/10/26/

【Q&A もしこんな心配をお感じなら】

Q.あとでしつこく営業されない?
A.営業行為は一切行なってません。年間たった2組限定で縁あるお客様との家づくりをしているので、一般の住宅業者と違います。どうぞ安心して情報収集として講座を活用してください。

Q.子ども連れでも大丈夫?
A.乳幼児、小学生、気兼ねなくお子さんと一緒にどうぞ。会場は広めなので、後方の地べたで遊ばせておいたり、騒いだり、泣いてたり、途中で公園へ遊びに出たり、隅で授乳するかたもいます。そういうことをみんながよしとする、学びの場です。

Q.足は運べない、けど内容には興味ある…
A.そういった方へ、講座は後日、録画をネット動画で見られるようにします。(予価4000円)
こちらのフォーム↓にメール登録いただくと、そういった情報も届きます。

※定員制講座の情報などをいち早くお届け。メールをご登録ください。
苗字 E-mail

★登録特典★
ビデオ講座【家族の関係が『自然に良くなる』間取りのつくりかた】前半をプレゼント。(@長野会場2015年10月収録)

ホームページへ→

・・・・・・・・・・・・・・・・・

■須永豪 プロフィール
1975年 東京都東村山市 生まれ
1994-1995年 アコースティックギター製作
1996-2001年 設計事務所勤務(@東京都内)
2001年 須永豪・サバイバルデザイン設立(@東京都武蔵野市)
2008年 東京都武蔵野市から長野県松本市へ移住
2009年 住宅『杉シェルター(じくばん造)』で日本建築士会連合会賞 奨励賞、
日本建築学会 作品選集 選出、住まいの環境デザインアワード奨励賞、
日本建築家協会新人賞上位15ノミネートなど
2011年 子どもたちへの『命を守る授業』を開始

著書:住宅作家になるためのノート(彰国社)
住宅誌:住宅特集、日経アーキテクチュア、Lives、など多数掲載
テレビ:建もの探訪

・・・・・・・・・・・・・・・・・

【関連記事】

1【家族には、それぞれその家族ならではの形がある】
五角形、楕円、『く』の字、どうして、こんなにヘンな間取りになってるの?それにはちゃんとした理由がありました。
家族には、それぞれその家族ならではの形があるのをご存知でしょうか?…
http://sunaga.org/2015/09/29/

2【間取りは自分でつくれる!】
『その家族のカタチ』を見つけて、それを間取り化する。人間関係の距離や、関わり方の濃淡を調整できるのが間取り。
たとえばね、『子ども部屋』ひとつとっても、子どもとどんな関わりかたを望んでるかによって、間取りは変わり…
http://sunaga.org/2015/10/02/

3【『自然に仲良くなる間取り』があるってことは…】
『自然に仲良くなる間取り』があるってことは、
じつは『自然に仲が悪くなる間取り』もあるってこと。
たとえば…
http://sunaga.org/2015/10/16/