Daily・・・日々雑感

2007.07.22 (sun)
ちょっとしたバリアが気にならないだけで、
自転車ってこんなにも快適なのか!!
いやぁスゲーよクロスバイク。
ペダルをクルクルっと回せば簡単にスピードが出るし、
ブレーキも良く効くので不安がないし。
歩道のちょっとした段差にもイチイチ気にせずそのまま乗り越えていける。
体がブレない安定した走りってのが、こんなにも快適だとは。
そしてなにより、
かるーく走っているのに、景色は後ろへすっ飛んでいく爽快さ。
たかが自転車、されど自転車。
タイヤ修理にちょっと立ち寄っただけだったんだけどね。
・・・まぁ、買ってしまいました。
こんにちは。クロスバイクの世界♪
(でも納車は2週間後・・・)

2007.07.21 (sat)
トコトコトコッとやってきて、
「パパ・・・、いつもほいくえん おむかえきてくれて ありがとね・・・」
いまにも決壊しそうな涙声で、娘が昨日のことを詫びにきた。
うんうん。そうかそうか。
オマエのオリコウさん具合に、とうちゃんも決壊しちゃいそうだぜ。

2007.07.20 (fri)
本日32歳になりました。
もう若者には戻れないよーん、と釘でブズリと打ち付けられたような気持ち。
原始寿命換算で、余命8年かぁ。
無駄に過ごしちゃダメだな。
さ、ケーキも自分で買いにいきますよ。

2007.07.18 (wed)
家族でジブリ美術館へ。
こんなに近くに住んでるのに、コドモを連れてくのは初。

2007.07.17 (tue)
民宿について考える。
民宿、・・・イタイなぁ。
楽しい楽しい家族旅行。
なのに、淋しい気持ちになる。
日本人の生活スタイルが平均的に底上げされてきたのに対して、
民宿は止まっている。
そのギャップが、こんなにも民宿を寒くさせている。
埋めようのないあきらかな溝に気が付いた、庶民の家族旅行。
一泊で切り上げてきた。

2007.07.16 (mon)
はじめての海
台風直後で水はキタナイし、寒いし、
結局、海には入らず。

2007.07.13 (fri)
先日カフェドランブルのオールドコーヒーに初挑戦。
こりゃぁ、コーヒー界の納豆だ。
(コーヒー界のチーズと言う方が上品か)

2007.07.12 (thu)
スタッフが来てくれるようになったので、
念願だった音楽当番を始めました。

2007.07.11 (wed)
ネクタイしないのがクールbizと言うのだそうだ。
クライアントとの打ち合せにも躊躇なくアロハで向かい、
暑いのだから半ズボンは当たり前。
我が事務所はこれをトロピカルbizと呼ぶことにしている。

2007.07.10 (tue)
写真家の保坂彩樹氏に頼んでいたラグーンの写真が出来上がってきた。
「パンフレット的なわかりやすい写真?
1カット撮ってみて、やめた。
須永さんが俺に依頼してくれたってことは、俺の写真でいこうと思って」
ぬぬぬ・・・。
ホームページ用の写真だっつーのに、『ザ・保坂彩樹の世界』な写真を持ってきてくれおって。
さーて、これらのネタをどう料理するか、悩むよなぁ・・・ホント。
でも彼はきっとそれを楽しみにしているわけで。
よし、その挑戦、受けて立つぞよ。
(ほんとにもう・・・。ま、オモシロいからイイけどさぁ・・・)

2007.07.09 (mon)
本日イントラレーシックをして1週間後の検診。
目ん玉くんもとても良い状態だとのこと。見え方も予想していたより良好で問題なし。
カルテをコピーしてもらったのでメモっときます。
□□□□□□□□右□□□□□□左□□□□□□
術前の視力   0.04    0.06
眼鏡での視力  0.8     1.0
度数     -7.00D    -6.25D
乱視      0.00D    0.25D
利き目            左
術後の視力   1.5     2.0
角膜厚    0.569mm  0.568mm
フラップ厚  0.095mm  0.095mm
削った厚み  0.096mm  0.093mm
残角膜厚   0.375mm  0.385mm
暗所瞳孔径    ?      ?
照射領域   OZ 6.5mm  OZ 6.5mm

2007.07.08 (sun)
たかがドライヤーを買うのにも、須永家ではやたらに調べる。
こんな怪しいサイトやらもけっこう参考になったりして。
それで、いろいろ調べた結果としては、ソリス社製 311モデルのイオンドライヤーにした。
(311でもイオンじゃないタイプもあるのでご注意を)
『いろいろ』の内容を書くとキリがないので、割愛しますが、
執念深く調べただけあって良い製品のようです。
・・・のようです?
あ、ワタシいま坊主でして、実感できないのですよ。

2007.07.07 (sat)
「オレは認めないね。だってさぁ、あいつ、"趣味"なんかもってるんだぜぇ」
とあるベテランの建築家が、とある中堅の住宅作家のことを指して言った。
こういう不器用なかんじ、おっかしくて好きだなぁ。

2007.07.06 (fri)
吉祥寺の家具屋さんtransista絡みのメンバーで、 飲む。
皆それぞれに、“次の展開”を考えながら、“今”をつくっている。
リスクと希望を常に自分で引き受ける。
これこそが自分で仕事をする醍醐味、Live感だよなぁ。

2007.07.05 (thu)
目の手術後、はじめての晴天。
自転車で走っていると、遠くに光に照らされて緑の木の葉がキラキラ反射してるのが見える。
なんんって、キレイなんだろう!
世の中って、こんなにも美しかったのかぁ・・・。
今まで眼鏡とコンタクトで見ていた世界は、じつはずいぶんぼやけていたんだなぁ。
何でもない風景ですらこんなにも美しのなら、
今までに感動した景色は、もっともっと美しかったことだろう。
あぁ、見えるようになった目で、もう一度すべての旅行をやり直してきたい。

2007.07.04 (wed)
どうせなら敷地は晴れている日に見たいものだが、
雨の日も見ておくと、気持ちよくない日の状態が確認できるので、
まぁそれもよし。

2007.07.03 (tue)
石のような建築でも、
木のような建築でもなく、
僕がつくりたいのは、草のような建築。

2007.07.02 (mon)
はじめてのお給料。
もらう方じゃなく、払うほう。
はじめてのスタッフ。
こちらも不慣れなので、きっと向こうも大変だろう。
仕事は遊びじゃないけれど、
限りなく遊びに近い面白おかしさで、モノを産んでいくスタイルがつくれたらいいなと思っている。
たぶん大切なのは、一人一人が、自分の責任で行動すること。人のせい・廻りのせいにしないこと。
仕事中にインターネット見てたってイイし、
抜け出して映画を観にいったってイイと思う。
要は上げるべき仕事を、確かなクオリティでアウトプットして、
なるべくならいつも笑って軽やかな心でいること。
いまのところ、僕の思う仕事についての唯一のタブーは、
『セコい』こと。
これだけは、いけない。
失敗しても正々堂々と。
さぁ、がんばってくださいな。
・・・オレも。はい。
さて、削った目ん玉くんのほうは、翌日検診にて視力は左右とも1.5。順調です。
(視力計る表って、1.5の次は2.0なんですね。そんなこともはじめて知りました。)

2007.07.01 (sun)
ぉお、見える!
なーんだ、ワシの目ん玉くん。
出来る子だったんじゃないのぉ!
いやぁ、10歳のころから近眼だったから、
「まぁこの目ん玉はしょうがない」と思い込んでたけど、
いやいやどうして。裸眼でちゃーんと見えてますよ。
いままで、キミの能力を活かしてあげてなかったんだねぇ。
キミぃ、隠れた才能は、隠したまーんまじゃダメなのよぉ。
よかったねぇ。医学の進歩に感謝だよ。これからはウンと世界を見まくってくださいな。
それにしても、目ん玉の手術って、たった10分程度のものだけど、
かなりSFチックな体験。映画『ザ・フライ』を思い出した。
安全の確立された医療行為だとアタマじゃぁ解っちゃいるけど、
巨大なマシーンに寝かされて、スペシューム光線でも出てきそうなアームが顔の前に迫り、
まぶたをムリヤリこじ開けられ、目ん玉にグリグリ器具がハメられ、
突然視界が真っ赤な電飾で覆われ何も見えなくなり、
後方から看護婦さんの緊迫した声が飛んでくる。
「照射しますっ16秒!」
巨大なマシンが「ングォオオオオ!」と、
手術室ごとテレポーテションしそうな勢いで唸り出す。
そして、なすすべもなく、ただ丸太ん棒のように横たわるだけのワタシ。
あぁ、か弱き実験動物の気持ち。
(あ、目ん玉 焼けてるニオイがするよ。・・・目玉焼きかっ!)
「60%完了!・・・残り10%!・・・OKっ!」
「ングオォゥォォォ・・・。」
この異常なシュチュエーションが、・・・ちょっとコワかったわ。
解っちゃいるけど、頭の中は軽ーいパニック。
ま、今となっちゃぁ、無事に、見える目になったから、・・・良いんですけど。
・・・ええ。
その感動は、銀座の横断歩道を渡りながらひとりで笑っちゃうくらい、
いや、ね。見えてんですよ。
まだポヤーンとしてお見合い写真のようなソフトフォーカスではあるけど、
視力0.0ナントカだった目ん玉くんが、
いま確実にひとりで、横断歩道を渡れてます。ははは。
『はじめてのおつかい』ってこんな気持ちだったかしら。
いやぁ、すごいね。現代の医学は。
目の中にレンズを入れちゃうコンタクトレンズでぶったまげてから、まーだいくらも経たないうちに、
目ん玉を削って、視力を合わしちまう時代になっちゃったんだから。
こんなこと、じーちゃん・ばーちゃんには、話したって通じないだろうな。
でも、あれだね。
これから受ける人は、多少は覚悟した方がいいよ。
思ったほど痛くはないけど・・・ちょっと、怖いよ。
『ザ・フライ』になっちゃう感じだから。
トラウマにならないといいね。
はぁ・・・。
さ、もう寝ようか。目ん玉くん。
今日は疲れたろ。

さて、6月のDailyはこちらか、
右のバックナンバーメニューからどうぞ。